【リートン(wrtn)】GPT-4が無料&使い放題でコスパ最強⁉【対話型生成AIサービス】

リートン(wrtn)

最近”ChatGPT”などの対話型生成AIが流行って来てますね♪

最新のGPT‐4を使ってみたいけど、
ChatGPTだと月額がかかるからちょっと手を出しづらい人も多いのではないでしょうか

何とですね…

無料&無制限で使えちゃうのです…

2023年11月にWrtn Technologies社が運営するAIチャットボットサービス”リートン(wrtn)”が登場しました♪

こちらのサービスは、GPT‐4を無料で無制限で使えるだけでなく、最新版のGPT‐4turboも先行公開の受付が開始されました。

ブログ記事作成やAIイラスト用のプロンプト作成をする場合はGPT-3.5ではどうしても物足りないですよね。

このリートンは日本語での指定&出力ですのですごく使いやすいです♪

ただ、これほど素晴らしいサービスが無料なのはなぁぜなぁぜ?
と思う方もおられると思います。

というわけで今回は、
リートンは本当にGPT-4を無料で使い放題なのか、回答の質について実際に使って検証してみます!

生成AIちゃん<br>hikarin
生成AIちゃん
hikarin

ChatGPTだと月額20ドル以上かかる&利用回数の制限があるから何かあるかもなのだ。

リートン(wrtn)とは?

リートン(wrtn)とは、AIコンテンツ作成サービスを提供する韓国のスタートアップ企業Wrtn Technologies社が運営するAIチャットボットサービスです。 

このリートン(wrtn)というサービスは昨年の10月に韓国でリリースされましたが、

公開からわずか4ヶ月でアクティブユーザー10万人を超えており、

日本でリリースされた11月には月間活動利用者(MAU)数が100万人を超える程の今話題の生成AI生成サービスとなっています。

原文:https://platum.kr/archives/216732

ここまで人気が急増した理由はいくつかあると思いますが、

最大の理由としては、GPT‐4を無料で無制限に使えるのが最大の特徴であると考えられます。

また、以下のような業務効率化に役立つツールが多数用意されているのが人気の特徴です!

  • ブログ記事やYouTube・Instagramの台本作成等の文章生成ツール
  • メール生成ツール
  • SNSに便利なツールが多数存在

2023年12月現在はリートン(wrtn)はベータ版として公開されてますが、
今後は画像生成機能等のツールも追加予定となっております。

リートン(wrtn)の特徴

現在はベータ版としてリリースされております。

以下はリリース(wrtn)さんより引用になりますが、

  1. リートンは、全ての機能を制限なく利用できる無料サービスです。
  2. GPT-3.5, GPT-4など複数の生成系AIモデルを組み合わせ日本語に特化した生成AIサービスです。
  3. 誰もが簡単に利用していただけるよう、徹底したガイドはもちろん使いやすさを強調したユーザーフレンドリーなサービスです。
  4. 自然な会話ができる対話型インターフェース『チャット機能』では、「エクセルの数式を教えて」、「記事作成時の注意点を教えて」など、どんな質問にもスマートに回答してくれます。
  5. 多様なビジネスシーンに応じて設計された『ツール機能』では、メール、キャッチコピー、ツイートの生成や、英文記事の要約など業務の効率を高める30パターンのシーンに対応します。
    引用:リートン「リートン」ベータ版リリースのお知らせ より

リートン(wrtn)は本当に無料なの?

生成AIちゃん<br>hikarin
生成AIちゃん
hikarin

リートン(wrtn)はすべてのサービス(ツール)の利用がすべて無料で使い放題なのだ♪

ChatGPTでGPT-4を使う場合は有料版のChatGPT Plus への登録が必要となり、
月額20ドルで40回/3時間まで(GPT-3.5は無制限)という制限もあります。

有料のChatGPT Plusの性能としては、

  • 画像生成機能がある
  • 数千種類のプラグインの使用が可能
  • Code Interpreter、GPTsなどの機能あり

リートン(wrtn)とChatGPT Plusを比較すると若干劣っていることが分かりますが、

GPT-4を無料&無制限で使えることに加えて多彩なツール+日本語特化型生成AIとなると、コスパ最強過ぎます

正直なところ、ほんとに最強です。(笑)

私自身もブログ記事作成やSNSへの投稿用コンテンツ作成・AIイラスト用のプロンプト作成として愛用しています。

リートン(wrtn)はコスパ最強のチャット型生成AIツールだといえるのではないでしょうか。

リートン(wrtn)の登録方法

では、リートン(wrtn)の登録方法を紹介します♪

1. リートンの公式サイトにアクセスし、画面右上の「ログイン」をクリックする

2. 「Googleでログイン」か「LINEでログイン」、どちらかを選択する

3.アカウントを選択orLINEでログイン

4.必要情報を入力して「会員登録する」をクリック

以上です!

ひかり
ひかり

必要情報も少ないから、あっという間に登録できるんだね…♡

リートン(wrtn)でGPT‐4を実際に使ってみた感想

GPT‐4が無料で使い放題なのは最強です

これにつきます。(笑)

ベータ版ということもあり、元データは2021年までを使用しているということですが、これはChatGPTの無料版と同様の条件ですね。

ChatGPT Plusは2023年4月までのデータを使用してますので、情報の鮮度としてはPlusと比べると劣っているといえますが、無料版としては充分許容できる範囲でしょう。

同じ無料版でGPT‐4が使えるのはリートン(wrtn)は無料生成ツールとして最強だと考えられます。

リートン(wrtn)は無料版ならではのデメリット○○がある

リートン(wrtn)は無料版ならではのデメリットが存在します。

生成が途中で止まってしまう点です。

プロンプトを入力し、気に入る情報が出るまで繰り返し出力をお願いすると、
画像のように出力が停止することがあります。

ただ、20回以上出力をしても止まらない場合もあったため、プロンプトが長文すぎたり、出力回数が多すぎたりと、過度な負荷には耐えられない可能性があります。

ただ。無料で使えると考えると許容範囲内と感じました。

生成AIちゃん<br>hikarin
生成AIちゃん
hikarin

製品版に切り替わったら画像生成機能の追加される可能性もあ
るし、サーバー自体も強化される可能性もありそうなのだ

ひかり
ひかり

AIイラストのプロンプトを作ったり、ブログ記事の作成では十分使えたよ♪

リートン(wrtn)にはおすすめツールが20個以上あるらしい!!

リートン(wrtn)にはブログ記事作成やYouTubeなどの台本作成機能、Instagramのハッシュタグ作成ツールなど、
20種類以上のツールが存在します♪

使い方はリートン(wrtn)のツールを押すだけです♪

ブログ記事作成・YouTube等の台本作成機能がある

ブログ記事作成ツールを使ってみます。

テーマを入力するだけで、画像のようなブログ記事の作成ができました♪

生成に掛かった時間は約30秒、長くて1分当たりでしょうか。

内容としても違和感のない日本語で構成されており、文字数も1つのカテゴリーとしては十分な字数ではないでしょうか。

h3,h4タグの記事作成に活用するのがいいかもしれませんね♪

SNS用ツール(YouTube・Instagram)が豊富 

次にYouTubeのアイデア作成機能を使ってみました♪

こちらもテーマを入力するだけで生成されますので、ネタに困った時に便利かもしれませんね♪

まとめ

リートン(wrtn)はGPT‐4を無料&無制限で使えるのが一番の強みだと感じました。

GPT‐4Turboの先行公開申し込みも受付が開始され、先着1万名様への先行公開とのことです♪

興味がある方は是非使ってみてください♪

タイトルとURLをコピーしました