【随時更新】StableDiffusionのアニメ系最強モデルおすすめ一覧【商用利用可能】

モデル集

StableDiffusionで商用利用可能なアニメ系の可愛いすぎるおすすめモデルを一覧で紹介します。
自分好みのAIイラストを生成するためにもモデル選びはとても大切です。この記事ではモデルを比較するのに便利な、画像付きでの紹介記事となっております♪


随時更新予定ですので、色々なモデルを試してみてください♪

【随時更新】StableDiffusionのアニメ系最強モデル7選【商用利用可能】

【StableDiffusion】アニメ系おすすめモデル①Anything-XL

基本情報

「アニメ塗り」特化のモデルとなっており、画像のような可愛い美少女イラストが生成できます♪

anything-Xlの基本情報は次の通りです。

・ライセンス:CreativeML Open RAIL++-M Addendum
・商用利用可
・作者:Yuno779さん
・アニメ調特化モデル

Anything-XLのサンプル画像とリンク

【StableDiffusion】アニメ系おすすめモデル②blue_pencil-XL

SDXLで高画質なアニメ調特化のモデルを使いたい方におすすめのモデルです。
細かいところまで描写されるため、人気のモデルとなっております。

blue_pencil-XLの基本情報は次の通りです。

・ライセンス:CreativeML Open RAIL++-M Addendum
・商用利用可
・作者:ぶるぺん/blue.pen5805さん
・アニメ調特化モデル

blue_pencil-XLのサンプル画像とリンク

【StableDiffusion】アニメ系おすすめモデル③Pastel-Mix

水彩画風のAIイラストを生成したいときにおすすめなモデルです。
幻想的なイラスト・ファンタジー感のある画風が好きな方にぴったりなモデルです♪

pastel-Mixの基本情報は次の通りです。

・ライセンス:CreativeML Open RAIL++-M Addendum
・商用利用可
・作者:andite
・アニメ調特化モデル

商用利用はライセンス的には可能ですが、使用上の制限もある為注意して使用してください。

Pastel-Mixのサンプル画像とリンク

【StableDiffusion】アニメ系おすすめモデル④JitQ

ちびキャラ・ミニキャラのアニメ調特化なAIイラストを生成したいときにおすすめなモデルです♪
画風がアニメ調ましましなのでとても可愛いモデルとなってます。

JitQの基本情報は次の通りです。

・ライセンス:CreativeML Open RAIL++-M Addendum
・商用利用可
・作者:RSTRさん
・アニメ調特化モデル

商用利用はライセンス的には可能ですが、使用上の制限もある為注意して使用してください。

JitQのサンプル画像とリンク

【StableDiffusion】アニメ系おすすめモデル⑤Sukiyaki-XL-v1.0

アニメ調のモデルですが、繊細な線画で透明感のあるAIイラストを生成することができます。
推奨サイズは1024×1536となっているため、環境によっては生成時間もかかりますが、完成度の高いAIイラストを生成できます。

Sukiyaki-XLの基本情報は次の通りです。

・ライセンス:CreativeML Open RAIL++-M Addendum
・商用利用可
・作者:Vsukiyakiさん
・アニメ調特化モデル

商用利用はライセンス的には可能ですが、使用上の制限もある為注意して使用してください。

Sukiyaki-XL-v1.0のサンプル画像とリンク

【StableDiffusion】アニメ系おすすめモデル⑥Animagine-XL

アニメ調特化のモデルですが、他のモデルと違って線画がしっかりとしており、アニメイラストといえば、という雰囲気のAIイラストを生成することができるモデルとなってます。

Animagine-XLの基本情報は次の通りです。

・ライセンス:CreativeML Open RAIL++-M Addendum
・商用利用可
・作者:CagliostroLabさん
・アニメ調特化モデル

Animagine-XLのサンプル画像とリンク

【StableDiffusion】アニメ系おすすめモデル⑦Dark Sushi Mix

繊細な線画が特徴的なアニメ調特化のモデルです。
目の描写がしっかりしているので、キャラクターが印象に残りやすいモデルとなってます。

Darl-Sushi_Mixの基本情報は次の通りです。

・ライセンス:CreativeML Open RAIL M Addendum
・商用利用可
・作者:Aitasaiさん
・アニメ調特化モデル

Dark Sushi Mixのサンプル画像とリンク

【StableDiffusion】商用利用可能なモデルか確認する方法

商用利用する際はライセンスに注意しよう

ライセンスとは?

ソフトやモデルを公開している人と、それをダウンロードして利用する人との約束のことです。

Civitaiなどのモデルダウンロードサイトでは、基本的には無料でモデルを公開されていますが、もちろん全てが商用利用可能ではありません。

ライセンスに基づいた規約を確認して商用利用するかどうかを判断しましょう。

「CreativeML Open RAIL-M」の記載されているモデルを参考にする

ライセンスに「CreativeML Open RAIL-M」と表示されているモデルはStableDiffusionで問題なく使用できます。

また、「CreativeML Open RAIL++-M」というライセンスもありますが、こちらは[SD2.1]や[SDXL 1.0]のライセンスとなっており、上記のライセンスと変わりません。

ただ、ライセンスは途中から変更される場合もあるため、使用時にはライセンスの詳細をスクリーンショット等で記録しておくと安心して利用ができると考えられます。

【StableDiffusion】商用利用できるモデルのライセンス確認方法

『Civitai』での確認方法

Civitai』でモデルページへアクセスしたのち、モデルの詳細欄の下にライセンスが表記されているので確認しましょう。

大抵が「CreativeML Open RAIL-M」と表示されていますが、モデルをマージしている場合は商用利用の可不可の確認する必要があります。

右下の方に使用上の注意がまとめられている場合があります。
細かい内容としては、

  • Use the model without crediting the creator
    (訳:作成者をクレジットせずにモデルを使用する)
  • Sell images they generate
    (訳:生成した画像を販売・商用利用する)
  • Run on services that generate images for money
    (訳:お金を払って画像生成するサービスに実装する)
  • Share merges using this model
    (訳:このモデルを使用してマージしたモデルをシェアする)
  • Sell this model or merges using this model
    (訳:このモデルまたはこのモデルを使用したマージを販売する)
  • Have different permissions when sharing merges
    (マージを共有した際に誤った権限を持たせる)

特にRun on services that generate images for moneyが紛らわしいのですが、
無償で画像を提供したのち広告収入を得る場合も不可だと考えられます。

生成した画像を商用利用する際は、2・3番にチェックが入っているかを確認してください。

『Hugging Face』での確認方法

Hugging Face』でモデルページへアクセスしたのち、上部の『License』から確認することができます。

こちらも「CreativeML Open RAIL-M」と書いていれば商用利用が可能です。

また、詳細欄に下記のように詳細として提示されている場合は確認をした上で使用しましょう。

まとめ

StableDiffusionで商用利用可能のモデルを探す際はライセンスの確認をした上で行うことで、安心してAIイラストを生成することができます。

ライセンスについては修正がある場合が出てくるため、スクリーンショットなど記録を残しておくとさらに安心して生成することができます。

しっかりモデルのライセンスや著作権を確認して、トラブルを起こさないように商用利用を行いましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました